JA(ジェイエイ)ってなんだろう?

JAは農業協同組合の愛称

日本農業協同組合

 「JA」とは、Japan Agricultural Co-operatives つまり、日本の農業協同組合(農協)という意味で、JAは最初の2つの頭文字をとったものです。1992年、より多くの人に親しんでもらうために、JAというニックネーム(愛称)がつきました。それまでは、○○農業協同組合(○○農協)と呼ぶのが一般的でしたが、今ではほとんどの農協がJA○○と使っています。

このページの先頭へ

JAのロゴマーク

 大きい三角形は自然・大地、小さい三角形は人間を表し、左端の円は実り、さらに人の和を象徴しています。緑色は自然環境と成長を表しています。

このページの先頭へ

JAについてもっと詳しく知ろう

 JAは農業生産をしている農家が中心となって、現在、全国のほとんどの地域で組織されています。

 JA(農協)は、人々が連帯し、助け合うことを意味する「相互扶助」の精神のもとに、組合員農家の農業経営と生活をも守り、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。

 この目的のためにJAは、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を 共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事 業などさまざまな事業や活動を行っています。

 さらに最近では、高齢者福祉活動や食農教育支援、農産物直売所など地域社会とのつながりを強める活動に取り組んでいます。

 農家がみんなで集まってJAを組織し、利用している理由は、農家みんなが一緒に協同して事業や活動をすることで一人ひとりの活動では得られない充実した経済的・文化的な利益を得ることができるからです。

 農家みんなが協同して買う量をまとめれば、流通経費が少なくすみ、適正な価格で買うこともできます。また、農産物も量をまとめれば市場で有利な価格で売ることができます。

 さらに、みんなが資金を出し合うことで、必要な資金を相互に融通し合うこともできます。

 また、金額のかさむカントリーエレベーターや農業倉庫、選果場などの大規模な施設は、一戸一戸の農家では設置することが難しいですが、多くの農家が資金を出し合えば設置が可能となり、みんなで利用することができます。

 JAが一番大切にしているのは、JAは農業協同組合なので、いうまでもなく農業です。農業の生産力を高める、農業所得を向上させる、地域の農業を発展させ ることはJAの重要な役割です。ただし、JAでは広い意味での「農」、つまり農地、農村のくらしや環境、さらには日ごろ口にする食料(食べ物)も含んで考えています。

このページの先頭へ

JAは「協同組合」です

 協同組合とは、みんなが大切にしている思いや、かなえたいと願っていること、あるいは解決したいと思っている悩みや課題を人と人が助け合い、力を合わせることによって実現していく仕組みのことです。
 協の字は力を3つたすと書きます。ひとりでは出来ないことも、3人集まって力を合わせればいろいろな願いをかなえることが出来ます。
 こうした「相互扶助」は世界中の協同組合に共通する精神です。これを表す標語として、”Each for All All for One”(一人は万人のために 万人は一人のために)が広く使われています。

 JAは、共同組合でもなく、株式会社でも行政(公の機関)でもありません。

このページの先頭へ

「協同組合」の歴史

 協同組合は、19世紀にイギリスなどヨーロッパの国々で生まれました。イギリスでは産業革命が起こり、石炭を使って機械を動かす織物などの工場がたくさん出来ました。

 イギリスのロッチデールという町の工場で安い賃金で働く人々は、仕事はきつく、賃金が安く、とても貧しいみじめな暮らしをしていました。お金がないのでく らしに必要なものを「つけ」で買わざるをえませんでした。パンや小麦に混ぜ物をされたり、量をごまかされたり、暮らしに必要なものも十分に手に入りませ ん。栄養がとれないので、半数以上の子どもが5才になる前になくなってしまったそうです。

 そこで、ロッチデールの28人の織物工場で働く人々は、「もっとよいくらしがしたい」という願いをかなえるために、みんなで週にペンスのお金を出し合って1ポンドのお金を貯め、自分たちで使う自分たちのお店を1844年につくりました。くらしに必要な物を仕入れてお店で買えるようにしたのですが、これが世界で初めての「協同組合」です。その後「協同組合」の考え方はヨーロッパから世界に広がっていきました。

JAが目指しているもの

戦後の農村とともに歩んで農業協同組合

 農業協同組合は昭和23年(1948年)に、「農家による農家のための集まり」として誕生しました。当時は食糧難の時代で、日本人が食べるお米などの農産物をたくさん作ることが農業協同組合の使命でした。当時、日本人の3人の1人は農家でしたが、農村の人々はとても貧しく、塩分をとりすぎるなど健康管理もうまくいっていませんでした。農業協同組合は、農村で健康診断をしたり、女性部が栄養の取り方を工夫するなど、農畜産物をつくるだけでなく、農村の人々のくらしをよりよくするために努力を続けました。

このページの先頭へ

みんなの力を合わせて住みやすい地域づくり

 その後、日本は高度経済成長の時代を迎え、農家や農村の暮らしはどんどん豊かになっていきました。農村には農家だけでなく、商店や会社や工場に勤める人などいろいろな職業の方が増えました。

 そして今、農業協同組合(JA)は農家だけではなく、地域の皆さんと深く関わり、地域の暮らしを良くしていこうと頑張っています。例えば、お年寄りの暮らしをサポートするサービスをしたり、地域住民の皆さんや学校等に農作業体験など行ったり、地域の食文化を伝える料理教室を開いたり、いろいろな取り組みをしています。

このページの先頭へ

JAが大切にしていること

 JAは「農業協同組合」ですから、JAが一番大切にしているのは「農業」です。農業の生産力を高める、農家の収入を増やす、地域の農業をより元気にすることは、もちろんJAの大切な役割です。そしてJAは、この「農業」を広い意味での「農」、たとえば田んぼや畑などの農地、日ごろ私たちが口にする食べ物、農村のくらしや、環境などもふくめた広い意味でも考えています。

 こうしたJAが大切にしていることを、組合員の皆で共有して、心をひとつにして願いをかなえるために、JAでは、「JA綱領」という指針をつくりました。

 そこでは、「かけがえのない農を守り、はぐくみ、農業や食の大切さを一人でも多くの人に知ってもらうこと。このことを通して、住みよい地域社会をつくろう」ということを定めています。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ