日南支所 石橋さん

牛飼いでいることが嬉しい、この気持ちを忘れずに頑張りたい

日南支所 石橋さん

共進会で見た牛たちが輝いて見えた

 父が昔、JAで畜産の担当をしていました。その頃に父に連れられて共進会に行ったことがあり、その時見た牛たちがとても輝いて見えました。自分も牛がやりたいという明確な思いが芽生えたのがきっかけです。それから、高校時代に通っていた塾の先生の勧めもあって農業大学校に進学し、卒業後には鹿児島の畜産会社で3年間研修しました。当時はちょうど口蹄疫が流行しており、畜産農家は本当に大変な時期でした。しかし、とても成長できた期間だったと思います。

先輩の元で勉強、そして就農へ

 鳥取に戻ってからは、地元の牛飼い農家で1年間学ばせていただきました。鹿児島とは違う環境で牛に触れてとても勉強になりました。この一年があったからこそ地元の牛飼い農家さんに自分を知ってもらえたと思います。そして、平成25年4月に就農することができました。今までずっと空いていた牛舎を借りていましたが、今年の5月に新しい牛舎が完成し、現在17頭の牛を育てています。

早く軌道に乗せたい

 年間8回ほどセリがありますが、まだそのうちの4回程度しか出せていません。早く軌道に乗せるのが一番の目標です。まだまだ長年やってきた方々には敵いませんが、セリで買ってくださった人から、良い牛だと思ってもらえるようになりたいです。

 今年の7月に結婚して現在、妻が手伝ってくれています。仕事については素人ですが、しっかりやってくれて本当に助かっています。とてもいい環境で仕事をさせてもらい、牛飼いでいることを嬉しく思います。この気持ちを忘れずにこれからも頑張りたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ