溝口支所 田中さん

宮城全共で鳥取和牛を全国に売り込みたい

溝口支所 田中さん

自分で何かやってみたい

 元々はJA職員でしたが、自分で何かやってみたいという思いがあり、農業なら知り合いもいましたし、大先輩に相談し、自分の中で「牛飼いがしたい」という気持ちが強くなり、地元の生産者さんと大先輩のところで2年間研修させていただき、平成18年に就農しました。現在は、妻と2人で繁殖雌牛、育成牛合わせて30頭を肥育しています。

日々の観察、コストの削減

 セリで子牛を高く売るためには、病気にならないようにすることが大切ですが、最初は体調の変化に気が付かなかったり、お産事故などで牛が死んでしまうこともありました。日々しっかり観察していくしかないですが、年数を重ねるごとに小さな異変にも気づけるようになりました。自分が育てた牛が高値で評価されると嬉しいです。また、現在コストの削減に力を入れています。自分で牧草を作ったり、遊休農地を借りて放牧させることにより飼料代の削減を行っています。

育てた牛で全共へ

 一番の目標としては、9月に行われる宮城全共に行くことです。7区に候補牛がいて、今回が自分の育てた牛で迎える初めての全共となります。いろいろな先輩方に話を聞きながら、日々試行錯誤しています。鳥取県の和牛を全国に売り込む大きなチャンスなので出来る限りのことをして良い牛をつくっていきたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ