南部伯耆営農センター 志直さん

時代に合う、新しい考えを持った後継者を育てたい

南部伯耆営農センター 志直さん

平成26年から専業

 ずっと会社勤めをしながら兼業で水稲7ヘクタールを栽培していましたが、平成26年に退職し専業となりました。初めは妻に手伝ってもらいながらやっていましたが、29年9月に法人化して、現在では従業員も3人となり、水稲は25ヘクタールと白ねぎ(秋冬、春)を87アール栽培しています。

スムーズに事業承継ができるように

 地域の離農される方から作ってほしいとの依頼を受けて面積が大きくなっていきました。しかし私も歳になります。せっかく信用して貸していただいている農地をこの先自分ができなくなったから返すようではいけないと思いました。そこできちんと後継者を育て、スムーズに事業承継ができるように法人化しました。また、冬場の従業員の収入を確保するために白ねぎ栽培も始めました。

後継者を育てたい

 後継者の育成を一番に考えています。米やねぎ作りの基本的な知識はもちろんですが、講習会や視察研修などには積極的に参加させて、いろいろなことを見て聞いて学んでほしいと思います。今は、農業にも新しい技術がどんどん導入されています。今の時代に合う、新しい考えを持った後継者を育てていきたいです。そのために、会社のより一層の経営安定を図り、従業員が不安なく仕事に専念できるように働く環境づくりにも力を入れていきたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します。
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ