中央営農センター 山内さん

新しいこと、良いものはどんどん取り入れていきたい

中央営農センター 山内さん

定年退職後に就農

 勤めていた会社を定年退職し、本格的に農業を始めました。実家が農家で小さい頃から手伝っていたため、それなりに経験はありました。就農後は、実践しながら試行錯誤を重ねて今までやってきました。現在は、年間で白ねぎ35アール、水稲90アールを栽培しています。就農2年目からは、地元の白ねぎ部会長を務めています。

土地選びや土作りが大切

 まずは土地選びが大切です。どこでも良い白ねぎが作れるわけではありません。特に砂地は肥料持ちが良くないので、土作りとして必ず堆肥を入れるようにしています。そうすることで土地が固くなりにくく、ねぎの生長が良くなります。また、2年前から種蒔きの際にコーティング加工された種を使っています。通常の種に比べコストはかかりますが、発芽ぞろいが良く、苗の出来が全く違います。また、作業効率も良くなるのでトータルで考えると利益につながります。

高品質な白ねぎを作りたい

 新しいことや良いものがあればどんどん取り入れていきたいと思っています。現在、JAの指導員の方から教えてもらった微生物資材を苗に入れて実験中です。土の粘りが良くなり、白ねぎの生長を促す効果があるということで期待しています。良い結果となれば、他の生産者と情報を共有して、高品質な白ねぎ作りにつなげていきたいと思います。

このページの先頭へ
  • JAバンクローン
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します。
  • JAバンクメールオーダーシステム
おすすめサイト
  • JA自己改革
  • お米の可能性が広がる!無洗米GABA(ギャバ)ライス
  • アスパルせいぶFacebookページ
  • 鳥取県で農業を始めてみませんか?
  • JAバンク鳥取
  • JAグループ鳥取
  • JA直売所へ行こう!JAカードのご利用で5%OFF
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 耕そう、大地と地域のみらい。
  • JA全中 あぐり村
  • JA共済
  • JAバンク
  • 日本農業新聞
このページの先頭へ